Profile

ゆしん と 言います。

うまくは弾けないけれど、

ピアノと一緒に想いを届けようと活動をしています。

「税理士ミュージシャン」という肩書があり、税理士もやっているシンガーソングライターです。

歌を創って、歌っています。

歌だけの生活から、ある事をきっかけに税理士もすることになり。

歌の神様から嫌われてしまうんじゃないか?とびくびくしながら。

でも、「頑張っている人・頑張りたいけど頑張り切れない人を応援する」こと。

それって、歌でも税理士の仕事でも同じなんだな・・と今は思っています。

そして今は、税理士として応援したい気持ちから、「感動したよ」と言って貰える歌が出来ることもあります。

歌で救われた僕たちは、そんな僕たちがもがいている事で生まれる歌で、誰かを救えるんだと思っています。

僕たちを救ってくれた歌・歌うたいたちがそうだったように。

歌声のクセもひどいし、一般的にみんなが好んでくれる歌は創れないのかもしれないけれど。

もし、欲してくれる人が居るなら、一人も漏らさず届けてあげたい。

僕と、ゆしんというチームで、あなたの何かを、少しでも救えたら。

僕たちの歌が、あなたのそばに届きますように…。

ゆしん (チーム ゆしん)|note
ピアノ弾き語りシンガーソングライター。税理士ミュージシャン。歌うたい。

Biography

生年月日:1979年7月10日
特技:バク転(ヒーローショー経験あり)・韓国語(講師経験あり)
出身地:兵庫県 西宮市
学歴:2002年3月 京都大学 経済学部卒業
資格:2012年12月 税理士 試験合格
   2015年5月 税理士 登録完了

関西生まれ、関西育ち。

ピアノ弾き語りシンガーソングライター。税理士ミュージシャン。

映画や小説よりも圧倒的に情報量の少ない歌、でも歌だから届くものを…と、 “人間賛歌” “生命(いのち)の賛歌”をメロディーに乗せて歌う。

ヒーローショーで鍛え抜かれた身体能力。心の琴線に触れる歌声と歌詞。ネイティブな関西弁で紡ぐ、愛溢れる歌と、ライブパフォーマンスには、かなりの定評がある。

2001年、パーティーロックバンド「やまかし」結成。CMソング制作、主催イベント、ワンマンライブなど、精力的に活動を続ける。2005年、バンドの解散をきっかけに、ピアノの猛特訓を始め、弾き語りスタイルへ転身。1人ユニットになっても「やまかし」の名のまま活動を続ける。2007年頃から、ウルフルズ・ゆず・PUFFY・秦基博など数々の有名アーティストのライブサポートやレコーディングに参加されているピアノマン・伊東ミキオさんの 関西でのライブに、スタッフとして参加をさせて頂くようになる(その後、ライブの企画・演出、オープニングアクトを務めさせて頂くことも)。

2009年7月、身内が倒れたことをきっかけに、急遽、ライブ活動を無期限に休止という苦渋の決断をする。そこから諸事情により、音楽のみの生活から、税理士資格を取得するため、猛勉強の日々へ。しかし、その期間にもかなり制限された状況でありながら、休止した「やまかし」の代わりに、本名の「ゆしん」をアーティストネームとして、音源制作、ワンマンライブ、ラジオDJ、カラオケ配信と凝縮した音楽活動を続けていく。

2012年12月、税理士試験に合格。 2013年より、兵庫県西宮市のライブバーRJ&BME’Sにて、マンスリーイベント『ゆしんの夜』をスタートさせる(現在も継続中)。2015年5月末、正式に税理士登録が完了。2016年9月、2ndアルバム『僕の背中』をリリース。同年10月・11月、ABC朝日放送の音楽情報番組『ミュージックファイル』にて、2ヶ月間に渡り、茜色の背中」のミュージックビデオが放送される。同年11月、大阪城野外音楽堂で行われた秋フェス「BRUSH UP KANSAI」の第1回目に出演を果たす。

2018年11月、ウルフルズのギタリスト、ウルフルケイスケさんの全国ツアー『MAGICAL CHAIN ひとり CARAVAN 2018』、兵庫公演のオープニングアクトを担当。ケイスケさんより、ゆしんの歌声を【辛つけ麺ボイス】(クセがありすぎるけれど、、逆に、それがクセになる・・)と評して頂く。同年12月、伊東ミキオさんの全国ツアー『「TRY AGAIN」発売記念TOUR 2018-2019』、兵庫公演では ツーマンライブ、大阪公演では オープニングアクトを担当。

2019年10月、松竹芸能 事故物件住みます芸人 松原タニシさんと共同イベント『死なない』を開催。同年11月、2年連続ウルフルケイスケさんの全国ツアー 兵庫公演のオープニングアクトを担当。

2020年10月、松原タニシさんとの共同イベント『死なない〜2かいめ〜』を開催。同月、映画えんとつ町のプペル主題歌 カバー動画を公開。脚本・原作 そして 映画の製作総指揮者である 西野亮廣さんから直接コメントを頂き、高評価を頂く。12月、アルバム『賛否両論』リリース。

現在、税理士という肩書きを持ちながらも、本籍地は常に ” 歌うたい” 。

自らの歌を必要としてくださる方々へ届けるため、満身創痍で奮闘中!!

ゆしん Official Website
タイトルとURLをコピーしました